りんごのページ日記

ringodiary.exblog.jp

つくられた明日。。 読んだ。

b0016976_8155514.gif
とぉーきぃーをぉぉぉぉぉ~



b0016976_8132075.jpg
  つくられた明日(角川文庫)
  著者:眉村 卓
  1980年1月10日 初版発行



  “そんな馬鹿なことが……”手にした『未来予告』と題された本をめくるうちに
 永山誠一は思わず声を出してしまった。
 そこには“あなたは10月31日に重大な危機にさらされます”とあり、11月1日
 以降は空白になっていたのだ。誠一は死を予告されたのだろうか?
 奇怪な出来事は次々と起こりはじめていた。
 先生の交通事故――これは予告どおりだった。
 そして、続いて起きた友人の失踪に、サファリを着た怪盗団の暗躍。
 11月1日は、日一日と迫りつつあった。
 眉村卓の描く、読み出したらやめられない、学園SFサスペンス。




  昨日読んだ ”東野圭吾” さんの他の本を探してて、、コレ、見つけました。

   ちなみに、、 東野さんの本は見つかりません…
   我が家の書庫はエライコッチャ状態で、、 (-Ⅱ-;)

  なんと初版発行、1980年… ( ̄~ ̄;) ウーン 30年近く前ですね~
  なので、、、所々、、時代を感じます。。
  中学生の子が
    「何をするか!」 って叫んだり…
    「…警官が駆けつけて呼び子を鳴らしたので、 …」 なんてゆーたり、

  呼び子って、、、、、 ( ̄w ̄)ぷ

  そういえば、、、
   学生時代、こういう ”時間を越えて…”系 の本を良く読みました。
  
  「…あなたがたには、過去や未来は、もうなくなったもの、まだおこっていない
   ものとしか映らないでしょうが、四次元の目からは、すべてが見えるわけです。
   地図を眺めるように、全時間が見通せるのです。その中を行き来できる者に
   とっては、過去も未来も、現在と同様、ちゃんと存在してるのですよ」


  こんな説明が、、とっても懐かしい。。 (*´ー`*)

  久し振りに、、、
   原田知世の「時をかける少女」 とか
   薬師丸ひろ子の「ねらわれた学園」なんか見たくなりました。。。

  どっかで再放送してないかなぁ~ ( ̄____ ̄)

b0016976_8133983.jpg

    (^^;)  ページがまっ黄色…




b0016976_0485259.gif 人気blogRankingに参加してます。
 良かったらポチッと押してね♪
 
[PR]
トラックバックURL : http://ringodiary.exblog.jp/tb/9100286
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ringo-diary | 2008-07-20 08:19 | →本の記録。。 | Trackback | Comments(0)