りんごのページ日記

ringodiary.exblog.jp

結局、彼は、、、、ただの通りすがりだったのですね。

b0016976_0485772.gif
まぢぃ~!?


b0016976_0473119.jpg
メリッサの旅(UNCERTAIN VOYAGE)
著者:ドロシー・ギルマン 訳者:柳沢由美子
2001年12月20日 第1刷
集英社文庫



  二年間の結婚生活に終止符を打ち、
   精神科医のすすめでヨーロッパへの旅に出たメリッサ。
  船上で不思議な男に、一冊の本をマヨルカ島へ届けるように頼まれる。
  そのときの彼の二つの言葉は何を意味するのか?
  次々と未知の人や事件に遭遇するにつれ、
   メリッサは自分のなかにある変化が生まれるのを感じた…。
  「おばあちゃま」シリーズで大人気のギルマンが描くサスペンスに満ちた傑作登場。
   (背表紙より)



  WARNING
    ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。

  一応、、サスペンスもんなので、、 ↑ こんなん入れてみました。。(^^;)

  「おばちゃまは…」 シリーズが大好きな私としては、、
  この本、ちょっぴり残念です。。

  というか、、ストーリー300ページ中、285ページぐらいまでは、
                          すごく楽しんでたんですけどね。。
  ワクワク、ドキドキ、、、
  一体、彼は本当は何者やねん!!
  彼女と、どうなっていくねん!!
  そして!彼女は、これからどうなんねん!!! o(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)oワクワク

  でも、読みながら心配になってきたんですよ、、
   それらの謎を解いていくには、、、残りのページが少な過ぎる!!
  大丈夫なのかっ!!? Σ( ̄□ ̄

  で、


  その心配が的中しました。。

   (屮゜Д゜)屮 うっそぉ~ん!!

  って、声が出ちゃうぐらいの中途半端な終わり方。。

  「1年ぐらいかけて作品を書いたけど、、
  最後の最後、、締め切りに間に合わなくて、シメを30分で書きました。」

  そんな感じです。。



  285ページぐらいまでの期待が大きかっただけに、、、
   ショックが大きいです。。 心を隙間風がビュービューです。。 (lll-ω-)



  人気blogRankingに参加してます。
 良かったらポチッと押してね♪
 
[PR]
トラックバックURL : http://ringodiary.exblog.jp/tb/8531730
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ringo-diary | 2008-05-05 00:52 | →本の記録。。 | Trackback | Comments(0)