りんごのページ日記

ringodiary.exblog.jp

竹鼻別院の藤。。。 パンフでお勉強。。

b0016976_10115571.gif
読めない…


b0016976_1083338.jpg
b0016976_1084021.jpg
 岐阜県羽島市にある 竹鼻別院 の藤まつりでパチリ。

  『 マメ科の落葉蔓性植物で、蔓はきわめて長く伸びて右巻きに他物にまきつく。
   葉は互生し、奇数羽状複葉、初夏に紫色の花房を垂れる。
   花後できるは長楕円形、長さ20センチ前後である。
   蔓は強靭でものをしばったり籠を編むのに使用された。
   
    当別院のフジは樹齢が300年以上の古木であり、市内では唯一の県指定
   天然記念物である。4月中下旬には四弁薄紫の蝶形の花を総状花序に垂れて
   開くが、その優艶な長い花序は晩春を飾るにふさわしい。
    古くより 「竹鼻別院のフジ」として多くの文化人墨客が訪れている。』



  ”竹鼻まつり ふじまつり” のパンフにあった説明です、、、が…

  これを書きはった人は、エライ賢い人やったんやなぁ~、、、と思いませんか?
  つっっっーか、、 私がアホなんかなぁ~ 

    (-Ⅱ-;) 漢字、、読まれへん!!



   互生 <ごせい>:     
    スル植物の葉が、茎の一つの節に1枚ずつ方向をたがえてつくこと。
    ヒマワリなどにみられる。


     (-`д´-)σ ハイ、ここテストに出ま~す!
             ”ごしょう” ぢゃないです! ”ごせい” です!



      ところで、、( ̄~ ̄;) ウーン 大辞泉さん、スル植物って何?



   羽状複葉 <うじょうふくよう>:
    植物の葉の形態で、小葉が葉軸の左右に羽状に並んでいるもの。
    フジなど先端にも小葉のつくものを奇数羽状複葉、
               ソラマメなどつかないものを偶数羽状複葉という。


   花房 <はなぶさ>: 
    房のようになって咲く花。「藤(ふじ)の―」


     (-`д´-)σ ”かぼう” と読んだ人!                   (o゜◇゜)ノあぃ


   莢 <さや>:
    マメ科植物の種子を包んでいる殻。


     (-`д´-)σ 読めた人すごいです。


   総状花序 <そうじょうかじょ>:
    無限花序の一。柄のある花を花軸に総状につけるもの。
    花軸の下の花ほど長い柄をもつので、三角錐状になる。
    フジ・ヒヤシンスなどにみられる。


   優艶 <ゆうえん>: 
    やさしくしとやかなこと。あでやかで美しいこと。また、そのさま。「―な女性」


     (-`д´-)σ 生きてきて、、、、今まで一度も使った事ない単語です


   文人墨客 <ぶんじんぼっかく>: 
    文人と墨客。詩文・書画などの風雅の道にたずさわる人。



  難しい漢字ばっかりやし、、誰もが手に取るパンフは、
    もっと簡単に、分かり易く!
       せなあかんやん!o(・`д・´#)




  思ったんですが、、、、、、、、、、

  ダンナに読ませたら、、



   全部、読めた… (-Ⅱ-;)



  今、後ろで

  ♪└(∵┌)ヒット・ └( ∵ )┘エンド・ (┐∵)┘ラ~ン♪ 

    ♪└(∵┌)ヒット・ └( ∵ )┘エンド・ (┐∵)┘ラ~ン♪




  バタバタ踊ってるヤツが読めた・・・・・・



   なんか、、、ちょっと悔しい… (┳◇┳)



b0016976_109013.jpg
   ☆ 総状花序 <そうじょうかじょ>


b0016976_1091271.jpg
   ☆ 花房 <はなぶさ>




    ( ̄w ̄)σ 覚えた?



  人気blogRankingに参加してます。
 良かったらポチッと押してね♪
 
[PR]
トラックバックURL : http://ringodiary.exblog.jp/tb/8493748
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ringo-diary | 2008-04-29 10:15 | 脳みそのシワ | Trackback | Comments(0)