りんごのページ日記

ringodiary.exblog.jp

ある日の夢。。  の巻き。。

b0016976_12163053.gif
鼻血ブーーー!!

 いつもの様に、リビングのソファでゴロリと横になって本を読んでいた。
昼食の後でお腹がふくれていたのと、ポカポカ陽気のせいで、すぐに睡魔がおそってきた。
ちょっとウトウトして、あの現実と非現実の境をフラフラ漂っている感じを楽しんでいると、外がやけに騒がしい。
 「そういえば、今日は家の前の公園で5レンジャー・ショーをやる事になってたな…」と思い出す。
あまりの騒音に、窓を閉めようと半身を起こすと、外に5レンジャーの巨大バルーンが見えた。
 「盛大やなー」ひとりごちた瞬間、目が覚めた。
 ちなみに、、家の前は公園ではない。


 それでも外が騒がしいので、「この騒ぎで、あんな夢を見たのだな」と思いつつ、窓を閉めに起き上がる。
ベランダの窓に手を掛けた瞬間。 
隣家のベランダから、防火戸を越えてレンジャー達がやってくるのが見えた。
急いで鍵を閉めた。カーテンもおろした。
家は8階にある。そのベランダの防火戸を外側に越えてやって来るレンジャー達。落ちたら?
 そんなの、いくら何でも、、普通じゃない!
彼らが窓を叩く。その音がドンドン大きくなってゆく。カーテン越しに見える彼らのシルエット。窓を叩く音が我慢できないくらい大きくなってゆく。


 目が覚めた。全身が汗だくで、まだ心臓は痛いくらい激しく鼓動している。
子供の頃から、テレビでヒーローものは良く見ていた。楽しんでいたはずだ。
なのに、この恐怖感はなんだろう?
正義の味方なのに… 
小さい時に、遊園地でウルトラマンや、仮面ライダーに抱き上げられて、大喜びで写真を撮ってもらったはずなのに。
ソファに座り込んだまま、この恐怖の原因を考えていると、突然玄関のチャイムが鳴った。
心臓が飛び出る。。 まさにその状態。。 
この時間だと、新聞の勧誘か、換気扇のフィルター交換、もしくはクリーニング屋か。。
「もぉぉぉ、誰やねん!」 「タイミング悪すぎやねん!」
ブチブチ言いながら、玄関へ行き、いつものように覗き窓から外を見た。
そこには…
 キレイに、前V字編隊を作り、表情のわからない仮面でにこやかに(?)手を振るライダー達がいた。
 いつになったら本当に目が覚めるのか、それとも、もうここが現実の世界なのか…


 この恐怖をどれだけの人が解ってくれるだろう?
本人にしたら、鳥肌・鼻血ブー以上の恐怖なのだけれど…


 高校生の時に、友人が泣きはらしたような腫れぼったい目をして学校に来た。
理由を聞くと、恐い夢を見た。と言う。
正確には覚えていないが、確か… 
 「巨大ゴリラに、どこまでも、どこまでも追いかけられた」といったようなものだったと思う。
それを聞いていた友人一同。 「しょーもなっ!」 の一言。
 ×××ちゃん、あの時はゴメンねー! 共感してあげられなくて!!(笑)


人気blogRankingに参加してます。 良かったらポチッと押してね♪
[PR]
トラックバックURL : http://ringodiary.exblog.jp/tb/609870
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ringo-diary | 2004-10-19 12:17 | 『見た』 話。。 | Trackback | Comments(0)