りんごのページ日記

ringodiary.exblog.jp

悲しくなったのです。。。。

b0016976_0214925.gif
神様、、助けて欲しい人がいてるんです!!

  バリでまたテロ。。
 翌日、空港で、、TV局がバリへの旅行者へインタビュー。。
  『ちょっと不安はありますけど、、行ってきま~す。』
  阪神優勝。。
 道頓堀へ飛び込まないように、、税金を使って!? 高い壁を設置。。
 若いアンちゃんへインタビュー。。
  『まぁ、飛び込むと思うわ! 壁?危険? でも飛び込むと思うわ!』

 命を粗末にしてはんなぁ~
 人に迷惑かける事をなんとも思ってないねんなぁ~

 大人がやる事やから、、
  自己責任という事で、、勝手にさせといたら?
 したらアカン、、 ゆーてる事をして危険な目に遭ったり、命を落としたりしても、、
  仕方ないよね。。


 爆弾を持ち込めるんだったら、浮かれた日本人観光客を拉致するのも簡単?
  その場合、、日本政府は動くん?
  その場合、、その家族は、泣きながら政府に対して
    『どうか私の娘を、、息子を、、助けて下さい』 とか言うん?
   その家族は、泣きながら 『危ないから行かないで!』 って止めはったん?
   それとも、、テロがあった翌日にバリに旅行に行くなんて、、
     『もう二度と会えないかも、、』  って、覚悟を決めはったん?
    
 道頓堀に壁を立てようって、、誰が、なんで思いはったん?
  去年もそれで死者が出てるよね。
 それでも飛び込みはる人達は、それなりの「覚悟」があるんぢゃないの?


 一生懸命生きたいけど、、生きられない・生きられなかった人っているよね。

最新の医療機器があれば、病気を早期発見出来て助かった人、、
日本で受けられない臓器移植を海外で受けるために、街頭で募金をお願いしてる人達、、
生活が苦しくて、、病院に行くのさえ躊躇ってしまう人達、、



 助ける順番、、間違ってないの?


人気blogRankingに参加してます。 良かったらポチッと押してね♪
[PR]
トラックバックURL : http://ringodiary.exblog.jp/tb/3568646
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nanana0909 at 2005-10-04 10:45
あ~σ(。'I')も同じ事考えてた。
日本から拉致されたんだったらまだしも、危険を承知でそこに行ってる訳だからね。
それも自分から喜んで。
って前に言ったら<んじゃ自分の家族が被害者だったらどうする?>って聞かれたけど
オイラだったら放っておいてクレって言うな。
旦那でも親でも。自分で承知で行ったのにヤバクなったら助けてなんて世の中そんなに甘くないから。
Commented by 通りすがり at 2005-10-11 23:46 x
冷たいですね。
人間じゃないみたい。
私だったら後でいくらでも金を払う、世間に迫害されて責められても構わない、それでも大切な家族の命を助けて欲しい、恥も外聞も投げ捨てて土下座してお願いするって言うかな。
人間の感情ってそんな理論的にまとめられるものじゃないと思うし現実的に日本人が拉致されて日本政府が動かなかったら、それで心の底から喜ぶ人って少ないと思う。
世の中そんなに甘くないといっても目の前で死の危険性がある人を放っておけるほどドライには出来ていないもんですけどね普通の人間なら。
私は助けてあげて欲しい。生きて帰ってきてほしいです。
そして、生きて帰ってきて、日本で非難の的になってほしい。貴重な税金使わせて、馬鹿な真似して、って。
全ては命があってこそ。
旦那でも親でも、馬鹿なことしているから死んでも仕方ないよね、と思えるほど冷血で感情の無い人間にはなれそうもありません。
私は、どうしようもない人間でも、大切な人である限り指をくわえて死ぬのを見てるわけにはいかないと思ってしまう、どうしようもない人間です。
Commented by ringo-diary at 2005-10-14 09:32
>nanana0909さん
 >日本から拉致されたんだったらまだしも、、
 そうなんですよ。。
 そこなんですよ!!
Commented by ringo-diary at 2005-10-14 09:54
>通りすがりさん
 いざ<その時>に、「勝手にした事だから放っておいて」と言えるかどうかは別として、、、
私が言いたいのは、、その前に出来る事があったんじゃないか!?
ということなんですよ。
 大切な家族だからこそ、危ないかもしれない所に旅行に行くなんて、、
体を張ってでも止められないんか? って。。
上でnananaさんが書いてはるように、日本国内で拉致されたとか、、
どうしようもない状況ってありますよね。。
そういう場合は、なんとしてでも助けて欲しいと思いますよ。
危ないと言われてる行為を平気でしはる人達というのは、危機管理能力が無い、というか、 『自分だけは大丈夫』 と思い込んではるんでしょうから、、
いくら言っても無理かもしれませんが、、だからこそ、周りの人間は、体を張ってでも止めなアカンのちゃうか? と思うんです。。
したらアカンということを平気でしてて、せなアカンでしょ? っていうことはしてなくて、、
 まず、そこが問題なんだと思います。。
 「全ては命があってこそ」 そう思うなら、考えて行動して!
Commented by ringo-diary at 2005-10-14 09:55
>通りすがりさん
 そういう事を伝えたくて書いた記事なんですが、、
あなたには、私が 「全ては命があってこそ」 なんて考えられないような人間だと思えたんですね。
 人間じゃないみたい。 と思われたみたいですもんね。 (^_^;

 私のお粗末な文章が、そういう風に思われた原因だと思いますが、、
『人間じゃないみたい』 そう言われて、かなり傷つきました。
温かくて、人間らしいあなたは、通りすがりに、そういう言葉を平気で残しても平気なんですね。。
 すいません。。 この部分、、嫌味になってしまいました。。
Commented by nanana0909 at 2005-10-14 12:03
こう言った話が最近回りで結構出るんすよ。
んでオイラ思い出したのがこの本。
幻冬舎文庫の<闇の子供たち> 梁 石日 っていう人が書いたものなんだけど。
先進国に生きてる我々の傲慢さがよく書かれてました。
ちょっとキッツイ内容だけど、本文もナカナカ考えさせられるし、後書きもよかったっすよ。
時間があったら是非。考えさせられる一冊でした。
Commented by nanana0909 at 2005-10-14 12:31
Σ(・ω・ノ)ノ  消したり足したりしてるウチに大事な一文まで消してた(笑)

(。'ノI')コチョ  この<人間じゃないみたい>っていうのはオイラにだべ。
Commented by ringo-gohan at 2005-10-14 13:39
>nanana0909さん
 直接こういう話をしていたら、多分、、こういう意見の食い違いにもならないと思いますね。。
文章って、、どうしても、、伝えたい全てが伝わらないですからね。。
 特に、、私の文章は、、、かもしれませんが。(笑)

 <人間じゃないみたい>が私にか、nananaさんにか、、分かりませんが、、
私とnananaさんは同じ意見のようなので、、
結局、、同じ事です。  ( ̄w ̄)ぷ

 (。'ノI')コチョ  メチャ優しい気遣いありがとね☆彡

 <闇の子供たち> 探してみたいと思います!!
Commented by safety-life at 2005-10-15 13:36
危険を承知で行くなら勝手にすればよろし。
誰かに同情してもらおうなんて考えが甘い。人間て誰しも自分だけは大丈夫って思うを持ってるけど、その思いが強いか強くないかってことだと思います。イラクで亡くなったジャーナリストの方もその家族の方もきちんと覚悟が出来ていた。覚悟が出来ていないなら行動しては駄目。家族も駄目。遊び半分で行くなんてもってのほか。現地の人たちは常に死と隣り合わせの生活をしているのに、そんな気持ちで行くなんて現地の人たちを馬鹿にしているとしか思えないっすね。
そもそも、そういう場所に行こうとしている人は、周りの人間の事を考えない自己中な人ですよ。だって、万が一のことがあった場合、周りの人間がどれだけ悲しむか、どれだけ多くの人たちに迷惑をかけるかなんて考えていない。自分と家族だけじゃなくて、国まで巻き込むんだから・・・。
昨日テレビで、日本のギャルが海外にボランティアの行くってのがやってましたけど、海外にゃあ、日本じゃ分からないいろいろな事情があるんだから、そこをもっと知るべきだと思うっすね。海外に旅行行くにしても銃社会なんだから、常に危険が隣合わせってことわすれちゃ駄目だす。
Commented by safety-life at 2005-10-15 13:36

つぅ~わけで、パスポートすら持っていない小心者の日本人でござんした(ё_ё)キャハ
Commented by Theo_C at 2005-10-15 20:44
nanana0909さんのとこから来ました。

nanana0909さんと 同じ意見なのです。
命の重さは みんな一緒だから 比較してはいけないんだけど 比べてしまうのは あの自分探しとかで行った人たちと 二人の外交官・二人のジャーナリスト。後者の方々の覚悟・いきざま また、遺族の方々の強さ どれをとっても 胸を打たれるものでした。あの方達を助ける為に 多くの労力が払われるのならば 納得出来ます。国境なき医師団、技術指導のために渡っているジャイカの人たちが もし 危険にさらされたなら 何をおいてでも 彼らを助けて って心から思えると思います。
でも 前者の人たちは どうなんでしょう? ringo-diaryさんがいうように そうなる状況を 作らなければ良かったんです。自分で あるいは 家族もともに そうしたんだと思います。たとえ あのような目に遭わなかったとして 行って 彼らに何か建設的な事が出来たでしょうか?ただ 行ったという 自己満足だけではないでしょうか?そのような事のために行った彼らに 多くの人や時間を犠牲にする必要があるのか 疑問に思います。
Commented by ringo-diary at 2005-10-15 21:54
>safety-lifeさん
 >危険を承知で行くなら勝手にすればよろし。
 私の記事でも、そういう意味合いのことを書いたけど、、、
でも本当はね、あのバリへの旅行の場合、誰も「危険を承知で」 は行ってないと思うんですよ。。
 『私は大丈夫♪』 そんな簡単な気持ちなんぢゃないかと…
そうでも思わなければ、、理解が出来ない。。
たった数日の楽しみ(旅行)のために、命をかける人(人と書いてバカと読む)なんて、いてないと思うしね。。
『私は大丈夫♪』 と思ってるから、家族の心配も、周りへの迷惑なんかも、全然考えられない。。
 ニュースを見てると、恐ろしい事件だらけの毎日なのに、、
どうやったら、そういう風に 『私は大丈夫♪』 って考えられるのか、、、わからないですけどね。。

Commented by ringo-diary at 2005-10-15 22:25
>Theo_Cさん
 はじめまして。。。
  >たとえ あのような目に遭わなかったとして …
実際に、、あのテロからバリで同じような爆弾テロありませんね。。
きっと、爆発翌日に旅行に行かれた人達は
 『ほらね、大丈夫だったでしょ♪』  そう思ってはるんじゃないでしょうか?
爆発跡地や、そこに置かれている花束を見て、、少しは胸を痛めて帰って来たでしょうか?
バカンスに行った人達は、、悲しく沈む人達の横を通るとき、、浮かれた態度を抑える気遣いが出来たでしょうか?
 こんなことを書いてるだけで、、なんだか悲しい気持ちになってきます。

Commented at 2005-10-17 17:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by ringo-diary | 2005-10-04 00:26 | 悲しみセレナーデ | Trackback | Comments(14)