りんごのページ日記

ringodiary.exblog.jp

触身仏/蓮丈那智フィールドファイル Ⅱ

b0016976_0475755.gif
人間の歴史は暗くて怖いね…



b0016976_047534.jpg

触身仏/蓮丈那智フィールドファイルⅡ
  北森 鴻
  新潮社 2005年8月1日発行



 「わが村には特殊な道祖神が祀られている。」
 美貌の民俗学者・蓮丈那智のもとに届いた手紙。神すなわち即身仏なのだという。
 彼女は、さっそく助手の内藤三国と調査に赴く。
 だが調査を終えた後、手紙の差出人が失踪してしまった―。
 那智はいにしえの悲劇の封印を解き、現代の事件を解決する(表題作)。
 山人伝説、大黒天、三種の神器、密閉された昏い記憶。本格民俗学ミステリ集。
  内容(「BOOK」データベースより


  ( ̄-  ̄ ) ンー やはり、、、面白い、、、、

 が、、
  民俗学、考古学的なもんは、、さーっぱりワカランので、、

  (ー`´ー) どこまで本当なん?

 とか思ってしまうんですが…

 本文より。。
  「民俗学というものは、数学のように答えが明確にあるものではない。
   むしろいかにして仮説を証明してゆくか。
   その答えがどこにもないことを知りつつ、考証を重ねてゆく過程そのものが
   民俗学なのだ

    …」

  ゆーてはるし。。 ( ̄w ̄)ぷ 気にしない、、気にしない、、


  つーか、早く Ⅲ が読みたい! ( ̄~ ̄;)  古本屋にあるかな~





b0016976_0485259.gif 人気blogRankingに参加してます。
 良かったらポチッと押してね♪
 
[PR]
トラックバックURL : http://ringodiary.exblog.jp/tb/13692083
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ringo-diary | 2010-08-02 00:50 | →本の記録。。 | Trackback | Comments(0)