りんごのページ日記

ringodiary.exblog.jp

ナンバー23 ☆☆☆☆

b0016976_20253281.gif
時計が…


b0016976_20242968.jpg
The Number 23

(2007/米 監督:ジョエル・シューマッカー
         出演:ジム・キャリー
             バージニア・マドセン)


ストーリー(Amazon商品紹介より)
 主人公ウォルターが手にした一冊の本。
 その物語は、背筋のぞっとするような殺人ミステリーだった。
 自らの生い立ちに酷似した内容で、まるで何かを暗示するように「23」という数字が何度も出現する。
 小説を読み進むうちに、小説の中の出来事と現実の出来事の境界が不明になっていき、周囲では次々と怪事件が起こり始める。
  (もっと詳しい内容はコチラ→ナンバー23@映画生活


  WARNING
    ネタバレしてます。
    あくまでも個人的な感想です。 感想に対する批判は受け付けませ~ん。



  映画の始まり方が怖いです。。 (≧▼≦;)

 不気味な音楽が流れる中、
        黄色く古びた紙に、赤い血が染み込んでいきます。。

 そして、そこに書かれている数字。 ”23”

  ”23”

  ”23?”



  …('ェ')え? それで23?


 ビデオに撮ってたのを見たもんで、、、
   (^^;)  ついつい、停止ボタン押して、23の確認しちゃいました。。

  タイタニック号の沈没 1912年4月15日、、
    1+9+1+2+4+1+5=23


  ( ̄△ ̄) なるほど、、

  TWA機の事故 座席番号23で爆発

  (-Ⅱ-;)  まぢ?

  米国、ドイツに宣戦布告 1941年12月11日
    12+11=23


  …('ェ')え?
  これは、タイタニック方式の 1+9+4+1+1+2+1+1 ぢゃないの?
  ちなみに、それだと、、、20なんだけど…

  ヒトラー自殺 1945年4月
    1+9+4+5+4=23


  ('ー'*) もう、、、、、日にちすら無視やんけ…

  古代マヤ人が信じた世界の終末
    2012年12月23日


  ハイハイ、、 (^^;)  これは、年月は無視ね。。。


  ちょっと無理矢理ですけどね~。。

  前評判がすごく悪かった映画にしては、、
  私は楽しめました。
   「誰が本を書いたのか!」 も、結局、答えが出るまで分からなかったし、、、

  ただ、、、映画を観ている間も、観終わってからも、、
              不思議やったんですが、 ( ̄~ ̄;) ウーン

  世の中の色んなトコロに、”23” が絡んでいたとして、、、、

  それが何か? …('ェ')?なぜノイローゼになる?


  ちなみに、夕べ、この記事を書こうとして、、と、時計を見ると、、

   23:23


  即効、パソの電源を切って、寝ましたとさ。 チャンチャン。




b0016976_0485259.gif 人気blogRankingに参加してます。
 良かったらポチッと押してね♪
 
[PR]
トラックバックURL : http://ringodiary.exblog.jp/tb/10279682
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ringo-diary | 2009-01-31 20:30 | →映画を観た! | Trackback | Comments(0)